■トップページ
明るい取手
水道料金は値下げできる
黒字を還元して、ただちに値下げを
 茨城県の水道は、県が水源を確保し、市町村に水を売り、市町村が住民に水を売るしくみになっています。
 茨城県が高い水道単価と使う分以上の水量(契約水量)を市町村に押しつけているため、家庭が使う水道の料金が高くなっています。
 高い水道料金が暮らしに一段と重い負担となっています。「給料がカットされた」「年金が減った」「売上減少、経営が成り立たない」など、生活が大変です。一方、私たちの使っている「水道事業会計」は大幅黒字。「せめて水道料金を値下げしてほしい」の声が県内に広がり、値下げを実現させたところも出ています。世論と運動を広げ、県南地域でも値下げを実現しましょう。日本共産党は、みなさんとごいっしょに「値下げを求める」署名に取り組んでいます。ご協力ください。

次のページへ