もどる
1.合併後まだ数ヶ月ですが、合併後の取手市についてあなたはどう感じますか。
2.あなたにとって取手市は住みやすいところですか。
3.新取手市になって自慢できることは何ですか。
4.「対等合併編入方式」という合併のその後の結果は、法律に規定もない副市長を設置し、議員は「在任特例」で43人(定数は28人)、報酬は13万円の格差等、様々な問題を抱えています。
あなたは特別職の新設や議員の在任特例についてどう考えますか。
5.新しい取手市政にどんなことを望みますか。

6.あなたの毎日の暮らしは昨年と比べてどうですか。

7.苦しくなった最大の原因は何ですか。
8.子どもたちの豊かな成長のために、あなたは市政に何を望みますか。
9.県は11月から就学前までの医療費の助成制度を拡充すると発表。しかし、これまで県が負担していた入院費・食事代等の自己負担を求めるとしました。幸い市は、県制度が変更となっても、これまで通り無料化を続けるとしています。
乳幼児医療費助成制度についてどう思いますか。
10.若い世代の人々が定住し、子育てできる若者に魅力ある町作りのためには何が必要と思いますか。
11.高齢化社会が急速に進んでいますが、あなたは市政に何を望みますか。
12.敬老祝い金がH17年度から大幅に減額されます。(これまでは、70歳から80歳までの間に、取手は8万円、藤代は5万5千円支給されていたのが、1万5千円になります。)「長寿を祝うとともに、福祉の増進に寄与する」の目的から考えて
あなたはどう思いますか。
13.合併後の国民健康保険税は、取手・藤代の格差がある中で、H17年度はそれぞれの制度(一国二制度)で進められていますが、制度が統一されると、これからの値上げが心配されます。
保険税についてどう思いますか。

14.市が取手駅西口開発の起爆剤と位置づけたPFI駐車場ビルが破綻し、計画の見直しをしてきましたが、5月9日付けで「地域再生計画」として見直し計画を国に申請しました。(計画はゼネコン5社で構成する「駅圏生活化プログラム」の提案を入れたもので、地下2階地上14階ビル「(仮称)市民情報プラザ」をPFI駐車場予定跡地に、芸術館などを県学生寮敷地に、駅東西の橋上自由通路など建設する)
あなたは、取手駅西口前の整備についてどう思いますか。

15.県営取手競輪場の収益が年々減少し、今年3月水戸・土浦の競輪事業組合が撤退しました。
市は県の意向に沿い存続の立場ですが、あなたはどう思いますか。
16.「水道料金は高すぎる」は、多くの皆さんの声です。過大な推量を県が市に押しつけ、それが水道料金に跳ね返るためです。水あまりの下で必要のない導水事業・八ツ場ダム建設の強行は税金の無駄使いです。
水道料金などについてどう思いますか。
17.日本共産党は消費税増税に反対です。
あなたは消費税の増税についてどう思いますか
18.政府与党は憲法9条を変え、「戦争できる国」にしようとしています。
あなたは憲法9条についてどう思いますか。

19.日本共産党についてのご意見をお聞かせください。
その他何でもご自由にお書きください。
その@

19.日本共産党についてのご意見をお聞かせください。
その他何でもご自由にお書きください。
そのA
19.日本共産党についてのご意見をお聞かせください。
その他何でもご自由にお書きください。
そのB
19.日本共産党についてのご意見をお聞かせください。
その他何でもご自由にお書きください。
そのC
19.日本共産党についてのご意見をお聞かせください。
その他何でもご自由にお書きください。
そのD