■トップページ
日本共産党取手市議員団報告●2009.1.5 他のものを見る→

仕事はじめの通勤者と取手市職員へ 早朝駅頭で市役所門前で年頭挨拶。
3日4日は街頭演説・訪問年始回り。東京日比谷年越し「派遣村」訪問。

 野口議員は取手駅東口、加増議員は東西口、高木議員は東口、林議員は戸頭駅でそれぞれ、後援者と共に「明るい取手」新年号を配布、年頭の挨拶を行う。駅頭終了後その足で遠山議員も合流し、取手市役所門前で挨拶を行った。総選挙の年、政治変革を展望する年の初めにふさわしく、景気悪化が進行する年頭にも係らず、どこでも明るい挨拶が返ってきた。3日、4日、野口、加増、高木議員らは、それぞれの地域で後援者らとともに、街頭演説と訪問で新年の挨拶を行った。林議員は戸頭後援会の新春のつどいで議会報告と挨拶、日比谷の「年越し派遣村」にも駆けつけた。尚、日本共産党取手市委員会では、今日の、派遣切り、期間社員切りなど、大企業の大量解雇のおおもととなった「労働者派遣法」の抜本改正を求める請願署名とともに、解雇によって職場と住まいを追われた方々を支援する募金活動をスタートした。12月取手市議会では、派遣法改正を求める意見書がすでに可決されている。

もどる