■トップページ
日本共産党取手市議員団報告●2009.1.11 他のものを見る→

取手市成人祭1145人の新成人を祝う。党議員団手づくりの憲法パンフ配布。
取手駅東口前で「派遣切り」など失業者支援募金と労働者派遣法抜本改正求める署名訴え

 成人の日を明日に控え、一日早めの取手市成人祭が市民センターで開かれ、党議員団全員揃って手作りの憲法パンフレットを配布した。澄み切った青空の下、名実ともに主権者となった新成人の晴れ着はまぶしく輝いていた。青年の未来がこの日のように輝かしいものとなるよう、今年、政治を変える一歩を大きく踏み出す年に、この青年達と力を合わせたい。

 成人祭に先立ち、取手駅東口前で加増・高木議員は、先日に続き、後援会員らと「派遣切り」被害者支援募金と「労働者派遣法」抜本改正を求める請願署名に取り組み、成人祭に向かう青年や通行の人々等の協力を頂いた。野口・遠山議員は、青年の主張大会に参加。

林議員は、地元戸頭の“アワントリ”(どんど焼き)に参加した。

^
取手市成人祭 戸頭あわんとり
もどる