■トップページにもどる
取手駅東西自由通路は必要でしょうか?  市民アンケート
用紙が必要な方はご連絡ください。           
ンケートのご回答は、5月31日までに郵送またはファックスでお願いします。
送り先/〒302-0011    取手市井野3-19-6    日本共産党取手市委員会
ファックス 72−7817 お問い合わせは 72−7 816
下記をメールにコピーして、メールで回答可      メール jcp.toride@blue.ocn.ne.jp
PDFファイルでも見れます。明るい取手■2007.05.20号
市民アンケート

 「取手駅東西自由通路」計画について、 ご意見をお聞かせください。
 該当のものに○印(複数回答可)をご記入ください。

質問@ 市の計画を知っていましたか。
( )知っていた
( )知らなかった
質問A 駅東西自由通路は、
( )市の計画通り進める
( )計画を見直す
( )計画は中止する
( )わからない
▼「計画を見直す」とした方へ
質問B 見直す内容は、
( )事業費用を縮減し、必要最小限のものとする
( )自由通路の位置を見直す
( )現在ある線路下の地下道(ギャラリーロード)を改善する
( )今は必要ない、将来考えればよい
( )その他(                  )
▼「計画は中止する」とした方へ
質問C 中止する理由は、
( )市がお金を出す必要はない
( )現在ある線路下の地下道(ギャラリーロード)で
   十分、新たな通路は要らない
( )その他(                  )
▼上記項目を選んだ理由、見直す内容など、どんなことでも…ご記入ください
ご意見欄




「駅東西自由通路整備計画」
アンケートにご協力を
 3月12日の市議会で、「取手芸術の杜¢n造プロジェクト」構想の中の一つである「駅東西自由通路整備計画」が明らかにされました。事業費は13億3300万円+α。旧植竹病院跡地に建設される20階建マンション業者と密約?(裏面参照)の橋上デッキ計画。「人の流れが変わる」と、東口側商店主など市民から批判の声も上がっています。「自由通路は欲しい」「今の時期、大金をかけてまで…」など、市民の間でさまざまな意見が出ています。
 新市長も4月の市長選で「市民不在の計画、芸術の杜″\想は見直す」と公約しました。
 日本共産党市議団は、市民アンケートに寄せられた声を大事にし、計画白紙も含めた市民にとってよりよいものにするため力をつくします。
 市民アンケートにご協力ください。
▼3月議会でしめされた市の計画
■整備概要
 延長約114m 有効幅員6.0m
エスカレーター4基 エレベーター1基
 市民情報コーナー(IT関連施設)
 多機能トイレ
■事業費
 …建設費13億3300万円+補償費=約15億円?
■財源内訳
 …国の補助 6億6650万円(補助率2分の1)
     県の合併支援で5億円(毎年分割で)
     取手市負担  1億6650万円
       この他補償費が?円
▼マンション業者・藤和不動産が示した計画

マンションまで橋上デッキが
市民の知らぬところでこんなことも
 3月市議会の特別委員会で、「芸術の杜」・駅東西自由通路整備計画が示されました。一方、マンション建設会社・藤和不動産による住民説明会が、多くの住民が参加するもと、長禅寺下「生き生きプラザ」で開かれました。
 その中で、旧植竹病院跡地に建設予定のマンションまで自由通路が橋上デッキでつながる計画であることが判明しました。この内容、「駅東西自由通路整備計画」の策定委員会のメンバーである市民代表、議会もまったく市から知らされてなかったものです。藤和不動産によればこの計画は、昨年、前塚本市長から打診があり、市の都市部と協議しまとめたものとの事です。
 住民説明会に参加した人たちは唖然としていました。マンションは、住宅部分の一部を店舗に計画変更しています。これも
「市の要請によるもの」と業者から説明がありました。橋上デッキの下にはすでに商店があります。人の流れも大きく変わることが予想さるなど、地元商店にも大きな影響が考えられます。
取手駅東西自由通路の利点と問題点は
△障害者・高齢者には優しいバリアフリーで東口側から西口改札へ
 (東口側にエスカレーター・エレベーターがないことが問題)
△買い物も、通勤も東西の往来が便利に
▲市民合意なき「芸術の杜創造プロジェクト」前提の自由通路
▲事業費が膨大であり,IT関連施設(ランニングコストもかかる)など の必要性に疑問
▲最も恩恵をこうむるJRの負担はいっさいなし
▲関東鉄道、ボックスヒル、東急の負担もなし
▲取手駅東口改札口の閉鎖につながる危険
 閉鎖になれば東側商店の死活問題、東側通勤者にも不便
■トップページにもどる